関節唇を最大限にまで改善した方法

2016年08月1日

 

今日はまた肩関節のお話をしていきたいと思います。

その肩関節でも関節唇っていう症状についてお話していきたいと思います。

この関節唇っていうのは、よくスポーツ選手、特に野球選手とかの方で多いので、

野球肩とかよく言われる方もおられるんですけども、

関節唇の方もおられるんですけども、

まず1つは関節唇の症状で1番に手術っていう選択肢があるんですね。

手術しますかってことを言われると思うんです。

残念ですけど関節唇っていうのは自然な修復は出来ないと、

手術っていうことをよく言われて、どうしても手術って嫌じゃないですか。

僕は膝の手術を4回もやりましたけども。

 

 

やっぱり何回やっても嫌なもんは嫌でして、

なるべくなら自分の体に傷を、メスを入れたくないですね。

 

そういう方がやはり来られるんですけども、

僕のとこ来ていただいた方もやっぱ手術を進められたけど、

どうにかこうにかして手術はしたくない。

 

でも腕の痛みを取りたいとか、そういうことを切実に願う方が来られます。

またちょっと関節唇のお話なんですけども、

ちょっと今ふと違うことを頭によぎってしまったので、

上の空になってしまったんですけども、これが、上が正常な関節唇。

 

この水色のとこなんですけども、こういうかたちでこれが上腕二頭筋の腱ですね。

こっからグーッときてるんですけども、

これが断裂した場合ですけども、

円が断裂して離れて肩の関節が動くっていうか、

動いちゃいけないように動いちゃうんですね。

そのことによって、腕を上に上げたりとか、

横に伸ばすっていう動作が非常に出来ない。

痛いんですね。

外れそうな感じに患者さんはなります。

これ以上、腕上げたらポコッと肩が脱臼しそうだとか、そういうお話を聞きます。

肩が抜けるとか、痛いんですよね。

 

今は手術すれば改善はするんですけども、

やはり人間メスは入れたくない。最終手段っていうか。

やっぱりギリギリまで自分の体で治していきたい、って来られますけども、

 

僕のとこ最近来られた方で

重たいスーツケースを持ったままエスカレーター乗った時に落ちたんですね。

 

その時にスーツケースを持ったままグッと落ちたんで、肩を強打したわけですね。

ちょうどここの部位ですけども、ここを強打した時に

関節唇っていう症状を言われたらしいんですけども、

もちろんこういう不安定な状態になるっていうことは、

そこの周りの筋肉であるとか筋組織が非常にストレスかかってるので、

僕はその筋肉のマッサージはもちろんします。

 

すると言ってもそんなガンガンスポーツトレーナーじゃないんで、

強いマッサージっていうか押圧で力は入れないんですけども、

いつも言ってますけど、肩やからといって肩をするわけじゃなくて、

どうしても上腕から前腕にかけての筋肉のストレスが非常に強かったんです。

 

もちろん手の甲、手のひらもかなり硬さがあったんで、

ここをゆっくりほぐす、緩めていくんですね、筋肉の緊張を。

 

そしたらやはり腕の状態っていうのはすごい良くなるわけです。

もちろんこの関節唇、こうやって切れかかったとかそういう状態は戻らないんですけども、

他の全体の腕の周りの筋肉をカバーして、後はこの肩の周りをなんとか保護した状態で、

状態が良くなって腕の動きも腕が上がったりとか、今までドアノブすら回せなかったんですね。

ここの筋肉が動くんでドアノブを回すことが出来なかったっていう方が見事にドアを回せる。

あと重たいものを持てるようになったと。持っても不安が無くなったっていう事例なんですけども、

ぜひ手術のしたくないとか、そういう悩んでる方がおられるとしても、

諦めずにいろんな手法を使って治していったらいいかなと思いますので、

ぜひこういう筋肉の硬くなったところ、

もちろん炭酸は使ってますけども、それも使いながら施術してほしいと思いますので、

ぜひ参考にしてみてください。それでは次回またお会いしましょう。それじゃあさようなら。

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信