膝痛の理由②

2015年01月29日

膝の痛い理由のその②をお伝えします。
耳を覆いたくなるかも知れませんが、現実です。。。

運動不足に伴う肥満、筋力不足
平坦な道を歩くだけでも、

膝には体重の2~3倍の重荷がかかります。

太っていると多くの体重を支えなければいけないので、

通常の人の膝の負担は大きくなります。
しかも体重が多いほど以下のような

デメリットがあります。
•体を安定させようとして、ひざに体重がかかりやすくなる

 

こんな残念なサイクルです・・・

•体が重く運動するのが面倒になる → 運動不足になりやすい

•肥満が原因で膝が痛む → 痛みで運動不足に →

 

 

 


筋肉質でがっちりとした体型の人も体重は多いですが、


見た目太っているように見えても実際は筋肉量が多いので


骨も太く丈夫であるため体重を十分支えられます。


 


ヤバイ人のパターンなのは、


運動不足や食べ過ぎで余分な脂肪のついた肥満です。


 


運動不足は足の筋力低下ももたらします。


膝関節は「大腿四頭筋(太もも前面の筋肉))」などの


ひざまわりの筋肉に支えられていて、膝への負担を


吸収する機能も持ちます。


 


この筋肉が弱いと膝関節への負荷を十分に吸収できず、


関節に伝わる衝撃が大きくなってしまいます。


 


【膝の過保護は痛みの悪化の原因になります】


膝の痛みがひどいときは無理に動かさず安静が必要ですが、


痛みが落ち着いて膝を動かせるようになったら、


大事にしすぎないで積極的に動くことが大切です。

ひざを動かさずにいると、膝関節を動かす筋肉がこわばって


萎縮し、筋力は低下していきます。その結果、下半身の血行が


悪くなり、関節の動きも悪く不安定になって、ますます痛みが


強くなってしまいます。


 


では、肥満をまねく生活習慣とは、


運動不足に加えて、以下のような生活習慣が肥満をまねきます。

 


○不規則な食生活(朝食を抜く、食事の時間がバラバラ、


  寝る前に夜食を食べる、等)

○早食い

○脂肪分や糖分の摂り過ぎ(油っこいものや、


  お菓子・ジュースなど甘いもの)

○仕事のストレスなどによる暴飲暴食、お酒の飲み過ぎ

○食べてすぐ寝る

 

こんな感じです。


 

更に肥満が進む → 膝の状態の悪化

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信