腰痛の原因は足骨に問題がある理由

2016年06月13日

大阪の腰痛、頭痛専門炭酸整体の安治です。

200分の28の話をしたいと思います。

これは何の数字かと言いますと、足の骨の数です。28ちっちゃい骨入れて28なんですけども、

この200というのは人間の体の骨が約200あるっていうことですね。

28は片足なんですけども、そんだけ骨があるってことなんですね。

 

腰の痛みについてなんですが

なぜこの足の骨の数に関係あるかというと、この骨が28個は、

どんどんどんどん硬くなって、その結果一つの骨みたいになっちゃうわけですね。

 

そうなってくるとどうなってくるかというと、

足をドーンと着いても衝撃が分散されないんですね。

 

1個で骨みたいな感じになってると吸収してしまうんで、

どうしても足が痛くなって足の硬くなるんですね。

 

そこから何が起きてくるかというと、

足首の動きが悪くなって腰に影響があるんですね。

 

ほとんどの来られてる方で、

腰の悪い方は、足の骨の動きが非常に悪いんです。

足の甲から足組にかけて、両親指で足の甲が柔らかいチェックしてください

 

詳しくは動画で。。。

 

 

 

(動画抜粋)

僕は炭酸を使って柔らかくしていくんですけども、

やり方としてはこう持って裂くように、足の足底筋を触りながら

裂くようにこうやって行くわけですね。

 

1個1個ゆっくりゆっくり骨の、体の腰の状態が悪い方には、

こういう感じでずっとこう1個1個の骨を、要は分けていくような感じで

施術をしていきます。緩めていくんですよ。そしたら腰の張りが取れるんですね。

 

腰の悪い方に腰のアプローチもいいんですけども、

できたらこの足関節っていうのも大事に見てほしいなと思いますので、

参考にしてほしいと思います。足関節のアプローチの話に近いんですけども、

それでは今日は、腰の痛い方の見方というかチェックの仕方、

足の骨のこと覚えといて下さい。

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信