腰、臀部の痛みの原因と対策

2016年07月7日

梨状筋症候群の原因と対策

お尻の痛み(臀部の痛み)や腰の痛みの

取り方の話をしたいと思います。

これは病院で診断されると梨状筋症候群っていうものなんです。

 

この出てくる症状としては、

朝起きたらお尻が痛いであるとか、

デスクワークで長時間座っているために、

臀部、お尻が痛くなるとか、そういうような感じの方が

非常に多いと言われております。ここで、梨状筋っていう、痛みの取り方、

梨状筋症候群という痛みの取り方なんですけども、

やはり注射とか、薬とかそういうもので取ることもあります。

 

でも実際、それは引き伸ばしている、

痛みの原因を取り除いているわけではないんです。

やっぱり痛みを散らすってことなんですけども、それではなく、

自宅で治せる方法をお伝えできたらと思っております。

 

 

【動画抜粋】

臀部の痛みっていうことで、梨状筋症候群のお話なんですけども、

やはり臀部の神経が圧迫されてとか、

そういう痛みが出て足が痺れるっていう方も、

深い症状の方はおられます。

 

かと言って、梨状筋だけが原因じゃなくて、

臀部の周り、筋肉が全部痛みの引き金になっております。

あとは臀部全体をストレッチしていくような方法とか。

僕の場合は、梨状筋症候群とか臀部の痛みのときであれば、

当然、臀部に炭酸をかけます。

 

臀部だけじゃなくて、

腰の部分、腰椎から臀部につながる筋肉であるとか、

あと股関節です。

 

股関節の内旋、外旋で、

痛みが出る状態を見ながら、そこら辺の筋肉にアプローチしていきます。

あとは、ストレッチっていうのもあるんですけども、

私のほうでもストレッチレターっていうのがあるので、

次回動画のときにそういうものをちょっとお見せするようなことにしたいと思いますので、

ぜひ梨状筋症候群で注射とか、薬で痛みを避けている方は、

直接臀部のアプローチ、

臀部のストレッチ、そういうのをやってほしいと思います。

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信