知らないと損する老化を防ぐに必要な炭酸濃度は?

2016年05月7日

前回の

血管の老化を防ぐ

体の老化を防ぐ必要な炭酸濃度の話です。

 

これ大事です!!

 

 

 

温泉法

 

あなたは知っているか

知らないか分かりませんが

そんな法律があるんですよ!!

 

 

よく聞くスーパー銭湯などにある

炭酸温泉や天然の炭酸温泉(有馬温泉)は

250ppm(1リットル当たり) 必要だと決まっているんです。

 

 

しかし、残念な事に炭酸濃度が

薄いので血管の若返りまでの作用はありません。

医学的な研究では1000ppmは必要だと言われています。

血管の硬化の症状(動脈硬化など)の方には炭酸水が有効な のです。

当然、

その症状ではなくても血管を若返らせる事によって、 

内蔵器官が健全になりますし、筋肉の疲労も無くなります。

また飲む事にも限界があります。 

 

炭酸は皮膚からの浸透は飲んで摂取するよりも

4倍の効果があるそうです。

1000ppm 以上の炭酸濃度が必要で皮膚からの浸透で 有効なのは、

炭酸の含まれた化粧水が有効だと言えます。

 

 

もし、あなたの周りで健康診断などで

血管年齢が高いとか動脈硬化などの悩みのある方へ

この炭酸で血管年齢が若返ることをお友達に教えてあげて ください。

 

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信