水泳選手の肩の疲労の取り方

2016年06月17日

今回は、水泳選手の肩の疲労を回復する方法をお話しします。

僕のここに来てくださっている方で男性で、高校生なんですけど、

この時期、僕も水泳を経験したことがあるんですが、もうすごく泳がされるんです。

 

腕が上がらないとか、腕がだるいとかそんな症状で悩まされている、

高校生だったんですね。僕も遥か昔のことを思い出したんですけど、

確かに腕がだるかったっていうことを思い出したんですね。

 

どのアスリートでもそうなんですが、

疲労を取り除くってことって非常に重要なことです。

 

少しでも疲労の回復を取り除き、試合や大会に

ベストパフォーマンスを発揮する為に少しアドバイスをしたいと

思います。

 

 

 

【動画抜粋】

いろんなマッサージを当然受けてますし、

整骨院に行って治療をしている方も中におられると思います。

僕のとこは、炭酸を使ったっていうちょっと変った施術をしているんですけども、

実際、肩の周り、肩の動きが非常にだるくなる。

 

当然、野球肩とか、テニス肘とか野球肘とかの話もしましたけど、

僕は水泳肩とかあるんじゃないかなっていうくらい思うんです。

 

腕をその方にあげてくださいって、

肩、肩が、肩を回す、腕を上げてって、高校生ですよ、

腕上げてって言っても上がらないんです。

 

別にサポートしたら上がるんですけど、

自分の力で上げることすらしんどい、だるいっていうんです。

 

そんなに疲れてるんだと思って、お母さんと一緒に来られたんですけど、

すごい心配してるんです。何か悪いんかなみたいな。

 

でも実際、以前も話したルーズショルダーっていう、

この肩の重みがどうしてももう支えきれなぐらい疲労が溜まってるんです。

 

そういう場合は当然休息っていうも必要なんですけど、

その休息したらスポーツのクラブ活動とかも問題が出てきますので、

やはりマッサージが必要じゃないかなと僕は思っております。

 

僕の場合は、体、その肩だけじゃなくて、

首、水泳選手ですから、この肩甲骨周り、ここら辺ですね。

これ全体、炭酸をふんだんに吹きかけて、腕の状態、筋肉の状態を

どんどん柔らかくしていくんです。やはり十七歳といえども、やっぱ疲れていると筋肉硬くなってます。

そこを柔らかくなって、動かしてもらったりとかして、痛みの出方、筋肉のだるさ、

そういうのを見てもらってやっております。

 

実際、施術したあとはそこら辺のマッサージとあまり変わらないんですけど、

結局、翌日の疲れが全然違うと喜びのメールをいただきまして、

ちょっと神戸の遠いところから来られるんですけども、

そんな感じでこの時期、やはりスポーツをすることが多いと思いますので、

ぜひ疲労を溜めずに、疲労を溜めると次、夏バテとかそういうものになってきますので、

ぜひこの肩の疲労を取り除くっていうこと、ちょっとよくわからないですけど、やってほしいと思います。

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信