アスリート特有の足首痛改善方法

2016年06月12日

アスリート特有の足首痛 【フットボールアンクル】改善方法

 

今日のテーマはですね、

フットボーラーズアングルっていうのなんですけども、

フットボールっていうのは言えばサッカーですね。

 

そのアングルって足なんですけども、

その話をしていきたいと思います。この症状の方がよく最近増えてきまして、

 

この間も水泳の選手とかそういう方も来られて、”炭酸スプレー”

これをかけると腕の周りがいいんですってことで、

中学生の男の子と女の子は、使ってくださってるんですけども、ありがたいお話です。

 

 

フットボーラーズアングルとは、

 

言えば足首を曲げると痛い、

歩いてると痛いとか。当然走っても痛い。しゃがんでも痛い。

 

何してもこの足首に痛みが出るっていう症状です。

 

正直言って使いすぎもあるんです当然。

 

この筋肉の緊張を緩和させる事によって

パフォーマンスはあがります。その事を詳しく

解説します。

 

 

 

動画の解説(抜粋)

あとボールを蹴りこむ時に、どうしてもこうなりますよね。

ちょっとこれ模型なんで動かないですけどもこうなるんです。

 

その時にやはりこうすると足首の前側が痛いんですね。

これはもう特にサッカーもそうですし、ジャンプするスポーツ、

バスケットであるとか、バレーボールとかでもそうなんですけれども、

やはりそういう足関節をたくさん動かして運動していくと、

どうしても骨同士の衝突とか柔らかい軟部組織が急激に伸びたり縮んだりするので、

どうしても痛い衝撃が受けて痛みが出やすいんですね。

 

やはり足首、曲げる伸ばすの繰り返し運動が一番問題なんですけども、

かといってスポーツをやめろとかじゃないんで、

そのために脛の筋肉とか足の甲の筋肉を緩めていくことが重要なんですね

 

あとよくくるぶしに挟み込みとかいろいろ言われましたので、

言うてるんですけども、まず骨を矯正する前に筋肉を柔らかく、

状態を柔らかくしとかないと、いくら矯正しても戻ってしまうってことがあり得ますので、

できたらまず筋肉を柔らかくして、その後に骨のポジションを整える。

 

そういうふうにやっていったらいいかなと思いますので、

まず足を伸ばす時、こうなる時に伸びる筋肉、

スネ周辺をきっちり緩めていくのが大事だと思います。

 

スポーツをしているあなた。

くれぐれもケアを怠らないようにしてください。

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信