【腸脛靱帯炎】ランナー膝の改善するポイント 

2016年06月14日

今回は腸脛靭帯炎またはランナー膝ともいいますが、

このお話していきたいと思います。

 

やはりマラソンブームといいますが、

街中で走っている、スポーツしてる方がオーバーユース(使い過ぎ)で痛みが出てるんです。

 

大阪では、大阪マラソンや神戸マラソン、

関東では東京マラソンが有名ですが、

マラソン人口が増えてきているせいか、このランナー膝の

症状の方が多いです。

 

もし、あなたがマラソンをしたくて痛くてできない。

大事な試合があるけど、痛みが引かない、

古傷が痛んで、仕事をする(膝を曲げ伸ばし)するのが

辛くて悩んいるのであれば、

 

ちょとした工夫をするだけで

痛みがなくなる方法を解説します。

 

 

【動画抜粋】

これ腸脛靭帯があって、

これが大腿骨の外風、外のほうに当たっちゃうわけです。

当たって擦れて炎症起こして痛みが発生するっていうことなんですね。

やはりこれは一番マラソンのランナーの方が一番出やすい症状です

 

他は水泳とか自転車とかやっぱり結構、足を使うスポーツ、

長距離の使っている方がやはり多いと思います。

 

どうしてもやっぱり一番多いのはオーバーユースで疲労がの蓄積。

あとは柔軟性の低下ですね。これも疲労が溜まっているからこそ

筋肉柔らかくなるということなんですね。

 

あとは硬い路面とか下り坂、硬い靴とかやっているんでどうしても

痛みが出たりとかします。やはりそういう場合は、痛みが出たら

使わないっていうのが一番ベストなんですけども、

やはりそう言ってもスポーツ選手はそんなになかなか休めないもんですから、

やはりストレッチであるとかケアをしていかないといけないと思うんですね。

 

この間も僕が炭酸整体っていうのを

講習会してる中でも、やはりアスリートにもうちょっと

アプローチしていきたいっていうのもあるんですが、

やはり炭酸の効果効能っていうのは非常に相性がいいということで、

この腸脛靭帯も改善して、僕のところに来てくださっている方もかなり足がつける。

走れる状態まで回復されたので、ぜひ普通のマッサージとプラス炭酸っていうものを

使っていただくと、効果があるかなと思いますので、ぜひもしあなたが

この僕の動画を見て炭酸なんかないじゃんかと思っても、コンビニとかで炭酸水が売ってるので、

それをぶっかけて施術していくと効果はありますので、1回やってみてほしいと

思いますので試して下さい。

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信