【炭酸整体で下半身矯正】脛骨外旋症に関係する重要な部位とは

2016年04月23日

はい、おはようございます、安治です。

前回、脛骨外旋症のお話をしました。

今回は、この脛骨外旋症に関係する、影響している1つのポイント、

それをお話していきたいと思います。前回は、その膝のねじれのお話をしたんですけども、

その膝のねじれが、顔切れてましたね、膝のねじれが原因としているものは何かというと、ここ重要なんでちょっと覚えてほしいと思うんですが、ここに書いている腸脛靭帯、この腸脛靭帯の緊張がその脛骨の外旋症に影響していると考えております。この腸脛靭帯が緊張するっていうのがどういうことかというと、これですね、これ、この模型で、以前も動画で言いましたけど、腸脛靭帯、これ前の、ランナーの話ですね。走ってる方の話で、走ってる方の話おかしいんですけども、この腸脛靭帯のお話しました。そのときに話したその腸脛靭帯、この大腿骨の横側に走っている靭帯なんですが、ここの靭帯が緊張、カチカチになると、やはりこの、脛骨が外旋してしまうんですね。そういうことが有り得ますので、ここの、ちょっとプルが長めです、ここが、緊張しているという部分です。だったら、ここの緊張っていうことなんですけども、ここの緊張を取るためにどこに影響しているかというと、これですね、大殿筋と大腿筋膜張筋ですね。ちょっと、汚い字でびっくりしましたけども、これを、筋肉緩めていくっていうことで、その、脛骨の外旋を防ぐっていうことなんですけども、これを緩めていって、症状をどんどんほぐしていかないといけないんですけども、やはり、その、他の腸腰筋とか中殿筋も弱くなっているので、その大腿筋膜張筋が非常に酷使して使われてるということが原因がありますので、この2つの筋肉と、腸脛靭帯、そこと、そこプラス、中殿筋と腸腰筋っていうアプローチも忘れずにやっていけば、膝のねじれっていうのは克服したのも同然だと思いますので、ぜひここら辺のアプローチも1回やってみてほしいと思います。はい。こんな感じでカミカミの動画ですけども、これで終わりたいと思います。そしたら、また、次回お会いしましょう。それでは、さようなら。

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信