【炭酸整体で下半身矯正】下半身の軸を見極める方法

2016年04月20日

はい、おはようございます。安治です。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

今回は、この下半身の矯正について、続けて動画を撮ってるんですけども、

今回は、下半身のこの大事な軸について話していきたいと思います。

 

この下半身の3軸っていう3つの軸があるんですけども、これを評価していくっていうことなんですね。なぜこれを、評価を正しくしていかないといけないかというと、よく間違えてる評価方法をしている人が多いからなんですね。まず、この、上に見えているのが垂直軸っていうものなんですけども、これは、もう完全に、読んで字のごとく、地面から下半身についてまっすぐな軸ですね。この股関節からずっとこの足関節のほうまできてるこのまっすぐなものが垂直軸というものなんですね。ここから、その、人の脚ってのはまっすぐになってないんで、この基準を決めてあげるっていうのが、一番まず大事な垂直軸ってあるんですけども、その次が、この運動軸っていうのがあります。この運動軸っていうのは、その膝の捻れとか、そういうのをこう見てあげるために必要な軸になっております。これは、この垂直軸に対して、約3度、ここからこう角度が3度ぐらいが一番その適正な、3℃って書いてありますね、3度ですね、が一番適正だということをよく言われてるんですけども、やはりそこの角度をちゃんと正していかないと、きっちりしたそのO脚、きっちりした美脚にならないですね。で、最後のこの解剖軸っていうのがあるんですけども、これが一番あのポイントなんです。この解剖軸でいくと、これを基準に考えていって、O脚とか、XO脚とかいうのを改善していくんですけども、これはどういうかたちで解剖軸っていうのは、いえば大腿骨から脛骨の骨のまっすぐなラインなんですけども、脛骨、基本的にその垂直軸ってまず一致するんですけど、大腿骨との、言えば、角度、それが5度~10度傾いているっていうことが、一番その正しいと言われています。この、さっきの、わかりにくいかもしれないです、図でいきますと、脛骨までは一緒なんですね、ここまで一緒なんですけど、ここの大腿骨のこの、こういう感じで入っていく、ちょっとこの、ちょっとおかしくなったんですけど、こういう感じで入ってるのが、この解剖軸っていうやつなんですね。この解剖軸で、言えば、脚の歪みを評価していくっていうことは大事なんで、ぜひ、この軸の見極め方ってのを、しっかり押さえてほしいと思います。ここを、次は、具体的にどうやってもっていって、その膝のねじれをまた評価していくかっていうことをお伝えしていきたいと思います。楽しみにしておいてください。そしたら、また次回お会いしましょう。それでは、さようなら。

はい、おはようございます。安治です。いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。今回は、この下半身の矯正について、続けて動画を撮ってるんですけども、今回は、下半身のこの大事な軸について話していきたいと思います。この下半身の3軸っていう3つの軸があるんですけども、これを評価していくっていうことなんですね。なぜこれを、評価を正しくしていかないといけないかというと、よく間違えてる評価方法をしている人が多いからなんですね。まず、この、上に見えているのが垂直軸っていうものなんですけども、これは、もう完全に、読んで字のごとく、地面から下半身についてまっすぐな軸ですね。この股関節からずっとこの足関節のほうまできてるこのまっすぐなものが垂直軸というものなんですね。ここから、その、人の脚ってのはまっすぐになってないんで、この基準を決めてあげるっていうのが、一番まず大事な垂直軸ってあるんですけども、その次が、この運動軸っていうのがあります。この運動軸っていうのは、その膝の捻れとか、そういうのをこう見てあげるために必要な軸になっております。これは、この垂直軸に対して、約3度、ここからこう角度が3度ぐらいが一番その適正な、3℃って書いてありますね、3度ですね、が一番適正だということをよく言われてるんですけども、やはりそこの角度をちゃんと正していかないと、きっちりしたそのO脚、きっちりした美脚にならないですね。で、最後のこの解剖軸っていうのがあるんですけども、これが一番あのポイントなんです。この解剖軸でいくと、これを基準に考えていって、O脚とか、XO脚とかいうのを改善していくんですけども、これはどういうかたちで解剖軸っていうのは、いえば大腿骨から脛骨の骨のまっすぐなラインなんですけども、脛骨、基本的にその垂直軸ってまず一致するんですけど、大腿骨との、言えば、角度、それが5度~10度傾いているっていうことが、一番その正しいと言われています。この、さっきの、わかりにくいかもしれないです、図でいきますと、脛骨までは一緒なんですね、ここまで一緒なんですけど、ここの大腿骨のこの、こういう感じで入っていく、ちょっとこの、ちょっとおかしくなったんですけど、こういう感じで入ってるのが、この解剖軸っていうやつなんですね。この解剖軸で、言えば、脚の歪みを評価していくっていうことは大事なんで、ぜひ、この軸の見極め方ってのを、しっかり押さえてほしいと思います。ここを、次は、具体的にどうやってもっていって、その膝のねじれをまた評価していくかっていうことをお伝えしていきたいと思います。楽しみにしておいてください。そしたら、また次回お会いしましょう。それでは、さようなら。

 

 

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信