【炭酸整体】椎間板ヘルニアの手術をしなくても治る理由

2016年05月26日

椎間板ヘルニアの手術をしなくても治る理由

 

病院でヘルニアと診断され、

手術が必要と言われても心配ありません。

腰痛や坐骨神経痛など、腰や脚の痛みの多くは“筋肉の拘縮”や“インナーマッスルの機能低下”が

あります。

 

この2つが改善できれば、

ヘルニアがそのままでも、痛みやしびれなどの症状は改善します。

また、一時的に良くなるだけではなく、その後の症状再発を予防できます。

 

筋肉の拘縮とは、

簡単に言うと痛みの原因となる筋肉のしこりのことです。

神経痛のような激痛やしびれなどをおこします。

 

また、手術すると、入院する・会社を休まないといけない

など、仕事にも支障がでますし、家族の不安や迷惑をかけてしまうことも

あります。

 

その手術をしなくても

治る方法を解説していきます。

 

ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信