【天王寺整体】バレーボールで痛めた肩を治す方法

2018年03月21日

先日のママさんバレーボール大会のいそじ大会での
サポートブースで出来事ですが、バレーボールは膝や
腰、足首など痛めて事ことが非常に多いです。

その改善方法も随時アップしていきますが
今回は肩を痛めている時の改善方法です。

 

肩も痛める人が多いです。💦
そしてママさんバレーボールをされている方々は
バレーボール経験者が殆どで、怪我をしている
若しくは怪我をした経験がある方が大半です。

当院で施術している肩の痛みで
来られる患者さんとはまた違う感じでした。

スポーツの肩の痛みと
日常生活からくる肩の痛みの違い

日常生活の場合、肩凝りで痛みが出る。その影響で
首が痛くなったり頭痛が出たりとします。長時間同じ
姿勢からの血行不良からの場合があります。

でもスポーツの場合は、完全のオーバーユース
からの筋肉疲労です。

どちらも血行不良が共通する点がありますが、
アプローチ方法も少し異なります。
その理由は、痛みの発生源が違うからです。

発生源とは?
血行不良の元になっている筋肉や関節の部位が
違うということです。

写真のように、事務仕事ではほぼ動かない
バレーボールの場合は動き回るし、アクションを
起こす際のインパクト時の筋肉に対する衝撃は
相当なものです。

特にバレーボールの場合アタックやブロックなどで
肩を酷使する為に筋肉の疲労から骨格の歪みが生じ
てきます。
特に肩関節の場合⚪︎したころがズレてきます。

痛みがでてきたり力が入らない状態になります。
その時には異変には気づかない事が多く、単なる使い
痛めると自分の判断で湿布やテーピングをしてしまい
ます。

殆どの人が気づくのは可動域の制限がでてきてから
です。その時は既に症状が悪化していますので、
早めの処置を行ってください。

【補足】他院との違い

整骨院にいって電気治療、針治療をしているのに
全く良くならない、またはその時だけ痛みが無くなる。そんな事でお困りではないですか?

肩が痛いからと言って肩ばっかり施術をしても
根本解決になっていません。対処療法っていうものです。

関節の正しい場所や骨格の歪み整えるからこそ
体の痛みが消えていくのです。

正しく施術をしていくと効果の持続性もございます。

私のところは、さらに筋肉にアプローチするとき
に使うのが炭酸ミストです。毛細血管から血液の
循環を促し最短で筋肉の状態を良くしていきます。

この手法はおそらく、
当院では他院の手法と全く違うアプローチ方法なので
改善するのだと思います。

違う手法だから違う結果が
生まれるそれは当然の事です。

あなたも何処に行っても改善しなかったのは
アプローチ方法が違うだけかもしれません。

血液循環を整えていくと殆どの症状は改善します。

慢性的なスポーツの痛みでも解決するので
あれば私が力になれるかも知れません。

気になるのでしたらこちらをクリック



ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信