【天王寺区頭痛】頭痛でマッサージが危険な理由

2018年01月18日

大阪市天王寺区の谷町9丁目にある、あんじ整体院の
安治久志です。

先日頭痛で悩んでいる方が来られたのですが、ほぼ毎日頭痛薬を飲んでいました。大げさにな表現になってしまいますが、薬物依存症です。
本人も分かっているのですが、頭痛持ちの方にしか分からない辛さがあるんですよね。私も会社員時代は頭痛薬を毎日のんでいました。なぜ毎日飲むのかというと、ずばり、頭痛が出ると不安だからです。
「仕事で迷惑をかけたくない」とか「子供や夫にしんどい顔をみせたくない」など余計な心配事をさせたくないからという理由が多いです。結構責任感が強くて、真面目なお方は本当に注意してほしいです。

そして、病院に行ってもレントゲンやCTを撮ってもこれと言った症状や原因も分からないまま、頭痛薬だけ処方される事なんて多々あります。また、頭痛解消の為にマッサージを受けて更に悪化したケースもよく耳にします。
そのマッサージをして悪化する事がなければおそらく、頭痛薬を服用する回数も減りますし薬の飲み過ぎで、深い症状の頭痛を見落とす事にも成りかねません。

 

 

今回は危険なマッサージをあなたにお伝えします。
危険その1・・・強圧のマッサージ。これは筋肉の組織に深いダメージを与えて首周りから悪化する事があります。

危険その2・・・バキバキするマッサージ。頭痛の原因は多数あります。その原因によっては
かなり危険なマッサージです・

危険その3・・・頭蓋骨をグイグイと力強く押すマッサージ。頭痛の痛みの成分が脳髄液の流れに支障をしたしている所にさらに圧迫すると、目眩などの悪化に繋がる可能性があります。

私はこの3つマッサージはお勧めできません!!

 

私の考え方ですが、先ほども書きましたが頭痛には色々な原因が入り混じっています。根本的にが約9割の確率で血液循環の不調だと考えています。その不調を取り除けば問題ありません。
また施術も弱い力の方がいいです。頭〜首の付け根までガッチガッチに筋肉が緊張している事が殆どですので、まずは緊張を取り除く必要があります。

 

あなたも頭痛持ちで薬の依存から抜け出したいのでしたらこちらのページで頭痛の話を詳しくしています。
こちらをクリック



ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信