【天王寺区の腰痛が治る整体】炭酸整体でヘルニア完治で推薦文頂きました

2018年01月12日

手術を受けてください。治りませんから・・・

冷たいかも知れませんが腰椎ヘルニアの手術を受ける
か受けないかはあなたが決める事です。
でも、私は手術をしたくない!と意志が固まっている
のであれば、私は全力で施術をしていきます。私も膝
の前十字靭帯の再腱手術をした経験があります。
人工靭帯の移植です。私も出来れば手術なんて受けた
くありませんでした。会社にも迷惑、家族にも迷惑が
かかりますから。
それでも、手術を受けるとお決めになられたのでした
ら、少し私の話を聞いてください。

 

手術はあくまでも処置、根本の改善ではない。

有名なお医者さんも、腰痛の90%以上がストレスによるものと仰る方も居られます。
この観点からいくとヘルニアも手術が不要であると考えます。原因は、この図のように筋肉が硬くなって痛いと信号を神経に伝達して、その神経が痺れという信号の脳に伝達しているのです。
手術はその伝達の部分を遮断するための措置だけであり、また数年経てば別の部位でヘルニアが発症する可能性もあります。
だから手術が全て上手くとは限らないのです。

当院の考え方は筋肉を若返えらせる

筋肉が硬いという事は、老化を表しております。
生まれたての赤ちゃんや小さいお子様は筋肉が柔らかいですよね?
ヘルニアになるのは30歳以上からが多いです。それより若くで発症する場合はスポーツで使い過ぎによる疲労の蓄積です。
この原因も筋肉に硬化によるものです。
筋肉を若返えりさせる為に重要なのは血液の循環です。その循環をあげる為にには毛細血管の拡張をさせて血液の循環を上げる事が最大のポイントです。
当院では特殊な炭酸ミストの機器で毛細血管の拡張をさせて筋肉に必要な血液の循環を促していきながら施術を行います。

推薦文を頂きました

当院にお越しくださっている、庄野正行教授
栄養学博士(医学科) (徳島大学医学部栄養学科)
から推薦文を頂きました。庄野教授も全国の講演や研究で多忙でご自身の体のケアをする間もなかったのですが、奥様が心配されてお連れになって下さいました。
かなり痺れも強い状態でしたが今では全く問題なく日々の研究に勤しんでおられます。

その推薦文は、後日アップいたします。

もしあなたもヘルニアの手術をしたくないのであれば
こちらをクリック