【天王寺区坐骨神経痛】坐骨神経痛と下半身太りの関係

2018年01月18日

大阪市天王寺区の谷町9丁目駅徒歩1分にある
あんじ整体院の安治です。
今回は坐骨神経痛と下半身太りの関係を
お話ししたい思います。

坐骨神経痛を患うと下半身に余分な肉(ぜい肉)がつきやすいのです。その1番の理由血行不良による代謝に低下です。
その代謝の低下によって影響があるのは体内の冷えです。これは坐骨神経痛のページでもお話ししておりますが、めちゃめちゃ大事な事なんです。

体が冷える→体温が下がる→
体温が保つために脂肪がつく。
体が冷える→臀部の筋肉が冷える→
硬くなって痛くなる→しびれる。
この負の連鎖が坐骨神経痛から下半身太りになりやすいと考えています。

体が冷える事はすごく危険な事です。健康体温といわれる体温は36.5度です。それ以下に下がると、体内の免疫が下がったり、不具合が多発します。
坐骨神経痛でお越しになられた方に確認してもらうのですが、ご自身のお尻を触ってもらい、冷たいか暖かいか確認してもらいます。
体内の温度が低い場合は皮膚表面も冷たくなりやすいです。筋肉に必要な血液が供給が不足している事と、体温を下がらないために保温する為に脂肪を身にまとおうとする体内の防御システム働きます。

もし、あなたも坐骨神経痛かもと思ったら、
お尻の暖かさを確認してください。冷たいと
感じたら坐骨神経痛とぜい肉が付いてくる予兆です。

当院のコンセプトは、
”痛みを取りながらアンチエイジングをしていく!!”
これは高濃度の炭酸ミストを使って毛細血管から若返らせる唯一の整体法です。痛みを取りながら痩せるって最高じゃないですか?
坐骨神経痛のページはこちらをクリック



ラインでラクラク予約|大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院

ラインの友達追加でカンタン予約!大阪市天王寺区・谷町九丁目 あんじ整体院のお得なプレゼント・セルフケア教室の情報も配信